手軽に利用できる海外fx業者を探そう|評判をしっかりチェック

日本発の新しい仮想通貨

グラフ

千両箱を使って送金も可能

ブロックチェーン技術を利用した仮想通貨が世界で急速に普及し、日本でも大きな盛り上がりを見せています。日本では2017年に入って仮想通貨に関する法律も整備されましたが、そうした中で話題を集めているのが日本発の仮想通貨として誕生したc0banです。江戸時代の小判をイメージしたネーミングに加えて通貨単位にも「両」を採用するなど、c0banは純国産の仮想通貨らしい仕組みが採用されています。c0banは他の仮想通貨と同様に取引所を通じて日本円と交換することが可能な他、千両箱と呼ばれるシステムを使って送金にも利用できます。ブロックチェーン技術によって成り立つシステムのため不正を行うことが難しく、通貨レートも中央政府や中央銀行に依存されません。手数料のかからない送金方法としての利用が考えられるだけでなく、将来の値上がりを想定しての投資手段としてもc0banは有望視されているのです。現時点ではまだ日本円以外の外国通貨や他の仮想通貨との交換はできませんが、将来的に可能となることも予想されます。c0banでの取引を開始するにはまず取引サイトで本人認証を行うため、免許証やパスポートなど本人確認できる書類ファイルのアップロードが必要です。本人認証を経てSMS認証やパスワード設定の後、1万円の証拠金を入金することで取引できるようになります。この証拠金のうち1000円は事務手数料として差し引かれますが、残りはc0banの買い注文にも利用可能です。c0banは飲食店など加盟企業の動画広告をアプリで視聴するだけでもらえる仕組みとなっており、動画を配信している店舗等の支払いにも活用できます。c0banを出金して決裁に利用するためのウォレットは、千両箱と名づけられました。そうしたネーミング1つにも日本発の仮想通貨らしいこだわりを持つc0banは、今後も加盟企業の増加が予想されることから通貨レートが上昇中です。

Copyright© 2017 手軽に利用できる海外fx業者を探そう|評判をしっかりチェック All Rights Reserved.